タグ:2006年 ( 68 ) タグの人気記事

待ちきれない

 
 2006年のクリスマス。あと、いくつ寝るとお正月という歌を思い出すころとなった。
 人間というのは、面白いもので、国が違っても、みな「新年」を待ち遠しく思い、新年を楽しく過ごそうとする。
 一年の中で、特別な季節があるということは、いいものだなと思う。
 暗いニュースばかりだけど、新年には、ちょっと希望を持ちたくなるというのも、いいものだ。
 そういう気持がないと、生きていけないのかもしれない。
 祝大家 新年快楽!

 迫不及待 (po4 bu4 ji2 dai4) 待ちきれない

 例: 
  你一定已経有些迫不及待了吧!
      (あなたは、きっともう待ちきれないほどでしょう)
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:54 | 中国語熟語

(役立つ)情報


  ある雑誌に、「情報」という意味で「資訊」(zi1 xun4)という言葉が載っていた。

 例: 
  本月話題会帯給大家各種新鮮而有趣的資訊。
   (今月の話題は、みなさんに各種の新鮮でおもしろい情報を提供するでしょう)

  さっそく、手元の辞典で「資訊」を調べたが、載っていなかった。だから、単なる「情報」という意味なのかどうかよくわからないが、それならば、なぜ「信息」(xin4 xi1)を使わなかったのだろう。
  「資」には、役立つという意味もあるので、もしかすると、これはそういうニュアンスもあるのかなと思った。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:42 | 覚えたい中国語単語

ジェネレーションギャップ



  代溝 (dai4 gou1)
ジェネレーションギャップのこと。

  「コミュニケーション」は、「溝通」というので、それで、だいたいわかるが、いきなり、単語だけ示されると、「なんのことだろう」と戸惑ってしまいそうだったので、メモした。

  世代間のギャップって、国が違っても同じものだし、私も、だんだんと年をとるにつれて、前よりも、強く感じるようになった。世の中の動きに、そのうち、とてもついていけない世代になっていくんだろうな。
  最近、そういうわけで、自分を追い詰めないマイペースの生き方が、とても、大切に感じるようになった。

 例: 
  這就是我們平時常説的‘代溝’嗎?
    (これが私たちがいつも言っている「ジェネレーションギャップ」なの?)
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:40 | 覚えたい中国語単語

ヘッドホンステレオ



  随身聴 (sui2 shen1 ting1)
携帯型のCD/MDプレイヤー、MP3プレイヤーなどの総称。

  中国語って、ある一面、すごく便利な言葉だなという感じがしたのは、こういう語句に出会ったときの感想です。
  「あのいつも身体につけているやつ」と日本語でいうと、言葉を忘れて、すぐ口にでない人みたいに思われるけど、中国語で「随身聴」といえば、通じるのはいい。すごく、覚えやすいので、メモすることにした。
  ついでに、「第3世代携帯電話」のことは、中国語では「三G」でOKなので、便利だなと思いました。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:39 | 覚えたい中国語単語

朝から晩まで働く



披星戴月 (pi1 xing1 dai4 yue4)

   {成語}朝は早く出て夜は遅く帰る。精を出して働いたり、昼夜兼行で旅路を急いだりするたとえ。朝は、朝星。夜は、夜星。

 これは、現代人の生活にぴったりの表現ですね。ほんとに、週休二日になっても、休日出勤があったり、ほかの曜日が長時間労働になったり、この20年、逆にきつくなったと思います。正月まで、営業する必要は、ないと思うけど、やるんですね。
 結局は、欧米の国とは、「働く」という概念が違うから、形だけまねても、ちっとも、中身は、変わらないということなのだなと思いました。
 中国も、日本をまねて、すごく、生活が忙しくなっているようです。でも、中国の場合、やはり、日本とは、「働く」という概念が違っていて、「定年」後は、ほんとに趣味などをして、暮らしているようですね。日本は、「定年後」も、すぐに年金をうけとれないようにして、しばらく、働くように法を改正したけど、それを受け入れる国民なのだなと、つくづく思いました。

例:
  我每天重復着披星戴月,早出晚帰的生活。
   (私は、毎日朝から晩まで働き、朝早く出てよる遅く帰る生活をくりかえしていた。)
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:38 | 中国語熟語

愛人



 日本語の「愛人」の意味で、中国語で、「外遇」(wai4 yu4)というのは、知らなかった。(他に、「情夫」(qing2 fu1)「情婦」(qing2 fu4)「第三者」(di4 san2 zhe3)ともいうが。)

外遇 (wai4 yu4) 愛人
 ちなみに、中国語の「愛人」(ai4 ren2)は、1.「夫または、妻。配偶者」2.「恋人」という意味だと、辞書にある。

ただ、台湾や香港、在外中国人社会では、奥さんのことを「太太」(tai4 tai)「内人」(nei4 ren2)、旦那のことを「先生」(xian1 sheng1)と呼ぶほうが一般的。これは、本当にそのとおり。

そればかりか、私の友人で、北京生まれ北京育ちの人は、自分の旦那のことを「先生」とよんでいた。

 ところで、「恋人」は、「愛人」(中)と言うけれど、「愛人」と「恋人」の違いって、なんなのだろうか。広辞苑では、同じ意味なのだが。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:37 | 覚えたい中国語単語

ちょっと暇があったら



 「たとえば、一日ぐらいちょっと暇があったら、車を運転して遠くまでいって一晩泊まって、完全にリラックスして過ごしたりします。さらに山に行ってもう二晩過ごしたりするかもしれません」

 (原文)
 如説我可能有一天的空当,我就開車到很遠的地方住個一個晚上,在那辺完全地放鬆,甚至可能去山里面度假個両天。

 空当 (kong4 dang1) [空当子] (口語)  空き時間

 よく、「暇があったら、~する」ということを言うのですが、「空当」は、使ったことありませんでした。(もっぱら、「有時間」とか使っていました)

辞書を調べると、「空き時間」と書いてあるので、もう少し短い時間のときに使うのかしらと思っていたら、上の文章のように、けっこう長い時間(数日間)でも使えることがわかり、便利だなと思いました。これから、積極的に使おう。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:36 | 覚えたい中国語単語

説得できない



  中国語で、「説得する」という場合、私は、「説服」を使っていた。最近、「拗不過」(niu4 bu2 guo4)という言葉と出会った。 
 
「拗」という字は、(niu4) (ao2) (ao4) と三つの音を持っている。

私がいつもやっている太極拳で、「拗歩」(ao4 bu4) という動作があり、それは、右手と右足を一緒に前に出して一歩、つぎに左手と左足を一緒に前に出して一歩、というように歩く。辞書をひくと、「拗」(niu4)の意味は、ひねくれている。素直でない。とあるが、「拗」(ao4)と発音すると、そのほかに「折る」「切断する」という意味もあった。
この手のひらを立てて歩く動作の形から、私は、「折る」「切断する」というイメージがぴったりくるなと思った。


だから、「拗不過」(説得できない)というのは、「拗」(niu4)と発音するから自分の思い通りにいかないというニュアンスだと理解している。逆は、「拗得過」(説得できる)である。

例: 
 実在是拗不過他。
   (ほんとに彼は説得できないな)
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:34 | 覚えたい中国語単語

「洗温泉」と「泡温泉」


 秋に、一泊二日で赤城山方面に行き、温泉宿に泊まりました。

 普通「温泉に入る」は、「洗温泉」」というのですが、私は、「泡温泉」のほうがぴったりくるなということでした
 私の場合、温泉宿に着くと、夕食前に一度入り、夜9時ぐらいに又入り、最後は、翌朝、起きてから朝食前に入るので、三回は入ります。好きな人は、もっと回数が多いでしょう。

 実際、普通のお風呂のように、身体や髪を洗ったりするのは、一回で、あとは、ほとんど、温泉に「つかる」ために入りますから、ほとんど「泡温泉」です。

 先日、中国人で「泡温泉」の好きな人のおもしろい随筆を読んでいて、やはり「温泉」だけは、「泡温泉」がぴったりくるなと思いました。

 もちろん、これは、個人的な意見ですから、どちらでも間違いではないのですが、それぞれ自分の状況に応じて使い分けるのもいいかなと思いました。
 そこの温泉は、ぬるめだったので、ゆっくりと「泡温泉」し、おかげで、肩こりが軽くなりました。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 11:32 | 覚えたい中国語単語

「適齢」:日中の相違


 中国の新聞記事につぎのような見出しがあった。

 適齢公民不義務植樹須繳緑化費
(植樹義務を果たさない人に緑化費の支払いを義務化)

 この中国語の「適齢」(shi4 ling2)は、入学年齢や兵役年齢をさす。「適齢公民」というのは、法律で、何歳から何歳かの条件がきめられていて、その条件にあてはまる人のことをさすわけだが、日本では、こうした場合、「適齢」という言葉はあまり使わない。
 辞書をひくと、日本語の場合、「適齢」といえば、「それに適する年齢」の意味だが、普通よく使われるのは、「結婚適齢期」という意味だ。
 一方、中国では、「結婚適齢期」のことは、「婚齢」(hun1 ling2)というらしい。
 「適齢」という言葉の意味では、日本語も中国語もほぼ同じだが、使われ方では、微妙に違う点に興味を抱いた。また今後、自分が中国語で「適齢」を使う場合に、たいへん役にたつなと思った。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-04 14:11 | 中国語全般

中国語のことや、旅日記、もろもろの感想など


by keika-ch32
プロフィールを見る
画像一覧