カテゴリ:中国語新語( 15 )

東京スカイツリーの中国語訳

 先日、Eテレの中国語番組で、「東京スカイツリーの中国語名」について、「東京晴空塔」とあった。

 中国語講座は、ひさしぶりに見たが、新しい言葉を知ったり、どこを検索すればいいのかもわかるので、便利だと思った。

 でも、直訳ではないなと、ちょっと疑問をもち、サイトを調べてみると、

 「東京スカイツリーの正式な中国語訳は、「東京天空樹」と言うそうです。しかしこちらは既に中国で商標登録済であったため、現在、よりふさわしい表記を登録中とのこと。3月17日より東武伊勢崎線の業平橋駅は「とうきょうスカイツリー駅」と名前を変えましたが、ローマ字・中国語・韓国語が併記されています。そこにあった中国語名は「東京晴空塔」。東武はこの名前で中国名を登録するしかありませんでした。」


 なるほどね。


 以前から、漢字の地名は、そのまま、中国語で読めるけど、カタカナやひらがななどは、無理だなと感じていた。

 今は、各地の観光案内書で、地名の中国語や、ほかの国のものもおいているらしい。

 すごく助かるなと、思った。
[PR]
by keika-ch32 | 2013-06-27 16:04 | 中国語新語

「白領」「藍領」「灰領」「金領」「紅領」


中国語では、「~領」のつく言葉がたくさんある。これらは、日本から輸入されてつくられた言葉のような気がする。今は、ほんとに和製の中国語が多い。それだけ、互いの影響力が大きいのだと思う。


白領(bai2 ling3)  「ホワイトカラー」

藍領(lan2 ling3)  「ブルーカラー」

灰領(hui1 ling3)  「ITエンジニア」

金領(jin1 ling3)  「エリートビジネスマン」

紅領(hong2 ling3)  「公務員」


最近では、この紅領(hong2 ling3)が新しく加わったとのこと。これは、共産党の「赤」をイメージしたものとか。これからも、この「~領」のシリーズは増えていくと思うが、ここでの「領」は、「襟」のことだから、くれぐれも間違えないように。
[PR]
by keika-ch32 | 2010-09-27 13:19 | 中国語新語

[中文]博文

 「博文」というのは、あのお札に印刷されている方ではない。

  中国語で、ブログが「博客」というのは、知っていたが、「ブログの記事、または、ブログを書く」というのを「博文」というのは、知らなかった。
  中国語の達人への道の、流行語辞典を見ていて、見つけたのだ。

  それにしても、「博文」は、日本ではあまりにも有名な人物の名前なので、突然、これが中国語で使われたら、びっくりするだろうなと思ってしまった。
  言葉というのは、流れだから、仕方ないが、漢字圏の国で同じ単語が登場するときは、考慮も必要なのではないか?


--------------------------------------------  
  話は、変わるが、先日、NHKのクローズアップ現代で、中国の1980年代に生まれた新世代の若者についてとりあげられていた。
  彼らのすべてが「社会をよくしていこう」と考えているとは、思わないし、逆に悪い面もあると思う。ただ、おなじ世代の日本の若者との大きな違いは、「社会への関心」の度合だ。

  今の日本の若者は、ほんとに「つつましい」。貯金もよくするし、お金を使わない。夫の姪と、この間話したが、特に趣味もないし、旅行もしないそうだ。
  なにが、楽しみなんだろうか?夢は、あるのだろうか?社会への関心は、あるのだろうか?

  私は、けっこう中国に対しては、見方が厳しい方だと思っている。人権の問題からはじまり、ほんとうにまだまだだと思う。
  なのに、あの「80後」(バイリンホウ)たちを見て、少しだが、日本の若者よりも、たのもしいなと感じた。
  はたして、この先、どちらの国の将来が開けるのだろうか。それは、わからないが。
[PR]
by keika-ch32 | 2010-04-28 13:55 | 中国語新語

ブログ言葉



  「博客」(ブログ)からはじまり、「晒客」(ネット上で情報を露出したがる人)、そして、最近は、「换客」(huan4 ke4)が使われるようになった。

  「换客」(huan4 ke4)
    ネット上で物を交換する人。

  不用品交換というのは、昔からあって、私が利用している生協の冊子にも、毎回多くの情報が載せられている。だから、「物を交換する」という行為はさして新しいものではないはずだが、これがネットで行われると「换客」という新語が誕生するのかと思って、思わず苦笑してしまう。

  これから先も、なにかネット上で流行すると、「客」をつけた新語が生まれるのだろうか?

  なにか、見たことのない単語で「客」がついていたら、ネットに関連する言葉と察しがつくので、便利かもしれないが。
[PR]
by keika-ch32 | 2008-05-31 10:48 | 中国語新語

ニューリッチ

 

 「ニューリッチ」や「成金」のことを、中国語で「经济新贵」という。

  「经济新贵」(jing1 ji4 xing1 gui4)といきなり出てきても、どういう意味がわからなかった。

  日中辞書で、「成金」を調べてみると、「暴发户」(bao4 fa hu4)「乍富的人」(zha4 fu4 de ren2)とか言われている。こちらのほうが、直接的で、わかりやすいが、今の世の中、やはり、表現も欧米を見習って、スマートな表現がいいのかしらと思った。

   「新贵」は、「新貴族」の意味でしょうね。

EX:
来这儿喝酒的大多是经济新贵。
[PR]
by keika-ch32 | 2008-04-13 15:14 | 中国語新語

「楼市」の意味



  不動産市場のことを「楼市」という。

  はじめて、その単語を目にしたとき、「なんだろう」と思った。どこかの都市のことか、なにかの「市」のことか?記事の内容から不動産市場だとわかったが、ずいぶん単語を縮めたものだ。

  一般に辞書をひくと、「不動産」は、「不动产」と出ているが、最近の記事をみていたら、「房地产」というのがあった。 不動産市場は、「房地产市场 」とも言う。

  どれも、手持ちの辞書にはなく、新語として記録しておきたいと思った。
[PR]
by keika-ch32 | 2008-03-13 14:47 | 中国語新語

「晒客」



  中国のインターネット上では、「公開派」と呼ばれる人たちが登場しているらしい。

  晒客(shai4 ke4)
     ネット上で情報を公開したがる人。

  自分の給与とかボーナスを公開するらしいが、私には、理解できない。
  日本では、同じ会社にいても、親しい間柄でないと、給与の額など教えない。へんに、ねたまれたりするのもいやだからということもあるが、プライバシーだから。
  でも、確かに、ネイティブの方からは、あまり知り合って間もないのに、「いくらもらっているの」と聞かれた。そういうものらしい。
  金の話は、隠さないのかなと思ったのは、中国の親戚に国際電話したときに、「田舎にいるので、国際電話は収入の何分の一にあたる」とはっきりいわれ、今後は、私のほうからかけなくてはいけないような雰囲気の話しになったことを思い出す。
  私のほうも、国際電話は収入の何分の一かと聞かれたが、適当にごまかしたが、こういうのは、日本の親戚とは、ぜったいにない会話だなと思った。 

  ブログが「博客」なので、覚えやすい言葉だと思った。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-09-28 14:52 | 中国語新語

株の取り引きをする



  炒股 chao3 gu3
      株の投機的売買をする。株の取り引きをする。

  「株の取り引きをする」を中国語で「炒股」というのには、驚いた。
  「炒める」という言葉の意味に、食べ物ではなくて、「株」をくっつけるという発想がおもしろい。はじめて見たときは、すぐにはわからなかったが、いったんわかると、使いやすいし、短い言葉なのでいいなと思った。
   現代語は、スピードが命、単語も短く、わかりやすく、忘れにくい言葉が好まれるのかもしれない。
  「株」を炒める料理する感覚なんだろうなと思った。

例: 
   他每天进行网上炒股。
   (彼は、毎日インタネットで株取り引きしている)
[PR]
by keika-ch32 | 2007-09-15 11:23 | 中国語新語

「結婚」関連語



  結婚に関連した言葉で、ちょっと面白いのを見つけた。

 「准新娘」(zhun3 xin1 niang2)

「新娘」は、「花嫁」のこと。それでは、「准」の意味は?
   正解は、「もうすぐ結婚する予定の人」

例:她自我介绍说是“准新娘”呢。

「婚纱」は、「ウェディングドレス」のこと。

  そこから、「婚纱公司」は、「ブライダル会社」
         「婚纱照片」は、「結婚写真」という意味になるのですね。

  私などは、日本に住んでいるので、それほどでもないのですが、向こうでは、特に、結婚写真は、豪華ですね。専門のスタジオで、作るのですから。

  結婚に関する言葉も、これから、いろいろと、変わってくるのかしらと思いました。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-06-01 14:02 | 中国語新語

「人性化」という言葉



 中国語の新語で「人性化」というのがあると知った。
  解説によれば、「温かみのある、血の通った、行き届いた」という意味らしい。
  日本でも、よく、「環境にやさしい」とか「人にやさしい」とか聞かれるが、中国でもそういう発想がようやく芽生えてきて、政府機関に対しても、「人性化」を求めるようになってきたとか。

  なかなか、ぴったりくる訳はないとのことだが、私は、「人性化」は「人にやさしい」という訳でいいのではないかなと思っている。

  日本の場合、今福祉、医療面で弱者いじめの政策が行われていたり、格差社会という言葉もあるが、みな「人にやさしい」社会を求めているところでは、中国と同じだなと思った。
[PR]
by keika-ch32 | 2007-05-05 12:07 | 中国語新語

中国語のことや、旅日記、もろもろの感想など


by keika-ch32
プロフィールを見る
画像一覧