「仏像拝観の手引き」を見て

「仏像拝観の手引き」を見て

NHKのEテレの「仏像拝観の手引き」を見ている。
はじめは、たまたまチャンネルがあったので、すこし見ていただけだったが、とてもいいので、毎週録画するようになった。

数年前から、歳のせいか、仏像をみていると、なんか心が癒される。

奈良の仏像を拝観したとき、「人って、こんな古くから仏像に拝観してきたのだな」とその時の流れに感動した。昔の人の彫ったお顔は、やはり、現代人とは違うなとか。

それから、旅行のときに、仏像を拝観する機会があると、「ああ、やはり、みなお顔が違う」と思うようになった。

若いころは、ただの偶像のように思っていたし、そういう気持ちでじっくりと拝観したことはなかったのに。

歳を重ねると、どの宗教も、「祈り」という点では、共通しているなとつくづく思う。
「祈り」の対象物が違っていても、人類共通なのではないか?

そういう意味で、これからも、この番組を見て、仏像の勉強をして、自分がそこにいったときに、より理解できるようになりたいと思う。
[PR]
by keika-ch32 | 2013-05-25 11:43 | エッセイ

中国語のことや、旅日記、もろもろの感想など


by keika-ch32
プロフィールを見る
画像一覧