西湖のいやしの里根場

 2011-6-8(水)

 河口湖の富士山を観てから、西湖へ向かう。

c0115697_14324767.jpg


 西湖では、残念ながら、もう、富士山は、雲に隠れてしまい、見れなくなった。

 やはり、富士山は、すぐに隠れてしまう。

 雲が厚くなってきたので、再び、富士山を観るのは、あきらめるしかない。

 今回は、西湖の近くにある、いやしの里根場を訪れた。

 なんども、西湖へは、来ているが、ここへははじめてだ。JAFの案内で知った。

 古民家風の家を山の斜面に建てて、昔の村をイメージした施設。

 ここは、昭和41年に台風で土石流が起きて、村が壊滅したところでもある。

 今回、はじめて、そのことを知った。そして、そのときの災害の写真は、今回の震災のものと、よく似ていた。資料をみていると、当時のことが、今のことのように思われた。

 平成18年にオープンしたので、建物は、まだ、あたらしいが、古民家を再利用しているので、雰囲気がすてき。

 坂をのぼり、ゆっくりと、建物の縁側で一休みしたり。風が心地よかったし、眺めもいい。

 富士山も、ほんとうは見れるらしいが、残念ながらだめだった。

 中学生たちの団体も、そこには、いろいろな施設があり、たくさん来ていた。

 紙すき、染め、陶芸、お香、匠、そばなどの体験学習ができるらしい。

 時間があるときに、また、来たいと思った。入園料も、350円(大人)で安い。

c0115697_1430767.jpg


c0115697_14303215.jpg

[PR]
by keika-ch32 | 2011-06-10 14:34 | 旅行記

中国語のことや、旅日記、もろもろの感想など


by keika-ch32
プロフィールを見る
画像一覧