中国語:風景の量詞



 中国語で、苦手なのは、中国語にあって日本語にない「量詞」があること。

 ある中国語の雑誌で、「大連」を旅するふたりの会話があり、「風景」の量詞をみつけた。
(正直いって、風景に量詞があるなんて思わなかった。)

 以下は、AとBの会話文である。

A:大连被称为中国的“浪漫之都”。
(大連は中国の「ロマンの都」と呼ばれているのよ)
B:不愧是大连一道靓丽的风景线。
   (さすがに大連は人を引き付ける所だね)

  この「一道」が「风景线」の量詞だ。なぜ、「道」なのか。手元の辞書では、「風景」の量詞は、「処」とある。だから、「线(線)」という文字の意味に関係しているのかと思っていた。

  しかし、他のところで、
 
  真是一道特有的风景。
  (独特の風景だ)

  という表現もされていた。だから、「一道」は、やはり「風景」の量詞なのだ。もちろん、辞書の「処」も、使えるのだろう。

  以前、中国語の時事用語について、解説してくれたメルマガがあった。(残念ながら、今は廃止)。その作者は、中国の大学で教えている人で、日本人の誤りやすい中国語の表現について、かなり詳しくと教えてくれた。特に、作文について、この量詞がネックになるらしい。
  そのとおりで、それから、私は、中国語の記事を読むときは、熱心に量詞をみるようになった。

  たかが量詞、されど量詞なのだ。
[PR]
by keika-ch32 | 2010-02-05 13:59 | 覚えたい中国語単語

中国語のことや、旅日記、もろもろの感想など


by keika-ch32
プロフィールを見る
画像一覧