人気ブログランキング |

五禽戯の「鹿」の形

  気功のほうは、五禽戯「虎」の次に、「鹿」の形も習っている。

  手の形は、中指と薬指を中におり、鹿の角をイメージしている。
  これが、意外ときついのだ。

  全体の動作は、左右に足を前にだして、体を横にひねる。または、腕を合わせて、前に出し、体のほうは、後ろに引っ張る感じの動作。
  ただ、これに、「鹿」の形の手で行うと、腕がひねられ、経絡を刺激するのか、汗が出てくる。

  こんなに簡単の動きなのに、すごいなと毎回思う。

  気功も、いろいろと教わり、最近は、経絡のほうも意識するようになった。
  それぞれの経絡は、それぞれの臓器と関係しているので、そこを刺激することで、偏りをなくし、気血の通りを正常にもどす。

  いままで、太極拳をやっていたが、経絡のことをあまり意識していなかった。
  気功をやるようになり、それを意識できるようになったのは、すごい意識の変化だと思う。

  健康でいるためには、体の表面だけでなく、中まで意識しないとだめなんだなとつくづく感じている。

 
by keika-ch32 | 2009-09-04 12:18 | エッセイ

中国語のことや、旅日記、もろもろの感想など


by keika-ch32
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る