人生訓(中文)


台湾の友達からの人生訓です。

これを読んで、同感のできる人は、中国人の生き方がわかっている人だと思います。

日本人からすれば、ずいぶん楽観的な考え方で、人生そんなに甘くないんじゃないか?

残業はしたくてしているんじゃないし、毎日ストレスがたまって、わかっているけどそんなに簡単にはいかないよと。

 台湾の人も、中国の人も、本音は同じです。でも、それを口にしたらおしまい。

 これは、励ましの言葉なんです。つらいときほど、彼らの前向きな態度や行動がまわりを元気づけるということを知っている。

 例えば、友達に不幸があったら、日本人は遠慮して、そっとしておくけど、彼らは、そういうときほど、結束して、これらを実行する。うるさいと思われても、きらわれても、馬鹿かと思われても、友達を笑わせる。元気づけるために、頑張る。ほっとかないのです。

 私も、今は、こういう人たちの生き方に共感しています。

 

以下は、私が翻訳をつけてみました。

很喜歡這五句話:

 (とても気に入っている五句です。)

1:船停在碼頭是最安全的,但那不是造船的目的。

(船は、埠頭に泊まっているときは、安全だが、そのままにするために船は作られたのでない。)

2:人呆在家裡是最舒服的,但那不是人生的追求。

 (人は、家の中にいるほうが快適だが、それでは人生の目的を追求できない。)

3:人生就像坐飛機,有頭等艙也有經濟艙,

 (人生は、飛行機に乗るのと似ていて、ファーストクラスもあればエコノミークラスもある)

雖然都是同時到達,但過程卻不同。

 (確かに目的地にはどれも同時につくが、過程が違うのだ)

4:人生就像十字繡,表面看著風風光光,

又有誰能注意到背面交縱錯雜的線頭。

 (人生は、十字の刺繍のようだ。表から見れば、きれいで派手な感じがするが、裏面には縦横にたくさんの交雑した糸があることに気づく人はなかなかいない。)

5:人生的意義就是對自己的生存方式和發展方向有選擇權,不一樣的選擇有不一樣的結果!

 (人生とは、自分の生き方とどう進むかの選択権があることだ、違う生き方を選択すれば、違う結果が待っている。)

路在下,用心去走!

 (足元に気を付けて、用心して歩こう!)

最聰明的人:老玩,老樂,老豁達,老幽默;

 (最も聡明な人:いつもよく遊び、いつも楽しく、度量が広く、物事にこだわらず、ユーモアのある人)

最呆傻的人:老急,老氣,老鬱悶,老加班;

 (最も馬鹿な人:いつもせわしく、短気で怒りっぽく、落ち込みやすく、残業ばかりする人)

最健康的人:老走,老動,老鍛煉,老擁抱;

(最も健康的な人:よく歩き、よく動き、よく鍛錬し、よく人と抱擁する人)

最快樂的人:老,老笑,老聯繫,老給老朋友傳訊息。

 (最も楽しく生きている人:よく話し、よく笑い、人と連絡取り合って、旧友とも親交を深める人)

家族珍藏!!

(家訓にしましょう)


[PR]
# by keika-ch32 | 2016-12-07 12:15 | 中国語全般

箱根の森美術館

2016/11/12 友人たちと箱根の森美術館に行った。
私は、新宿から小田急ロマンスカーに乗り、友人らは、町田から乗り込み合流。
みんなで、箱根湯本に一泊の旅だ。
当日、箱根の森美術館では、ライトアップがあるというので、昼過ぎに到着して、ゆっくりとみんなで食事をして、管内の美術館の見学や、庭園の散歩をしたりした。また、当日は、イタリアから歌手を招き、カンツォーネの演奏もあった。

遠くに、小涌谷の白い煙がみえる昼の風景と、夕日に照らされた山の景色。
園内のガラスの木のライトアップの風景がとても印象的だった。
c0115697_15095269.jpg
c0115697_15101455.jpg
c0115697_15104262.jpg
c0115697_15110582.jpg
c0115697_15112477.jpg

[PR]
# by keika-ch32 | 2016-11-26 15:13 | 旅行記

戸隠の鏡池

10月12日、野尻湖をみてから、車で戸隠の鏡池の方面に行った。
道幅の狭い道を車で走り、森の中の鏡池につく。
湖面には、戸隠山と森の景色が映し出され、ほんとうに来てよかったと思った。
ただし、食事処は、一か所だけで、駐車場もつねに満杯状態。車は、すれすれに行きかうので、天候の悪いときは、無理と思った。
だから、この日はラッキーだった。
c0115697_11504329.jpg
c0115697_11510484.jpg

[PR]
# by keika-ch32 | 2016-11-06 11:51 | 旅行記

野尻湖

 10月11日から斑尾高原のホテルに泊まり、10月12日に、野尻湖に行った。
 この日は、快晴だったので、きれいな湖と山の景色を楽しむことができた。
 野尻湖を遊覧船で40分、そのあと、湖畔の野尻湖ナウマンゾウ博物館を見学した。この湖の歴史もわかり、とてもよかった。
 
c0115697_11414514.jpg
c0115697_11431177.jpg


[PR]
# by keika-ch32 | 2016-11-06 11:45 | 旅行記

白樺湖

 7/14の午後、蓼科高原のさらに上の白樺湖に行った。
 標高が高いので、湖畔は、とても涼しくて、いい気持ちだった。しばらく、湖畔を散策して、信玄公ゆかりの場所も見学。
 昔の武将は、こんな高いところまで、来たんだなと妙に感嘆してしまった。
c0115697_09334483.jpg
c0115697_09344979.jpg
c0115697_09342882.jpg
c0115697_09340246.jpg
c0115697_09341639.jpg




[PR]
# by keika-ch32 | 2016-09-07 09:35

中国に関するもの、旅日記など


by keika-ch32
プロフィールを見る
画像一覧